LIFE NEWS

花山の関心ごと。保険・お金・日々のくらしに役立つ情報

健康

爪水虫の治療。その方法と費用は?そして驚きの新薬について・・・。

スポンサードリンク

管理人はここ数年来、爪水虫を患っています。
と、言ってもずーっと放置していたわけでは有りません。
完治しては、しばらくして再発を繰り返して来ました

パルス法と言う方法で3回治療しました。
毎回、4~5万円くらいはお金が掛かったような記憶があります。
奥さんがいつも渋い顔をしていた記憶も有ります。

なのに、まだ、完治していません。

そして、「今度こそは完全に治してやろう」と決心し病院へ行ってきました。

せっかくなので、爪水虫で悩んでいる方たちの為に情報提供と
そして、自分が途中で挫折しないために、情報をまとめて、できれば体験記を
書いてみたいと思います。(乞うご期待!!)

さて、最後の治療から約2年くらいたっています。
医学の進歩はすごいもので、「マジですか!!」と管理人にとっては
信じられない様な新薬も紹介されました。

その薬も最後に紹介しますね!

では、治療についてまとめます。

◆診察の手順はどんな感じ?
◆治療にはどんな方法があるの?
◆費用はどれくらい掛かるの?
◆本当に治るの?

◆診察の手順はどんな感じ

受診は皮膚科になります。

特に、痛かったり怖かったりする様な診察ではないので安心してください。

医師の目視でほぼ確定できますが、確認のため爪を削って顕微鏡で白癬の有無を調べます。

今回、管理人の場合は、少々深爪をしていて、表面がぼろぼろになっていたので
ピンセットで患部を引っかくような感じでも、かんたんに爪が採取できました。
やわらかいところを擦られたのでちょっと痛かったです。

 

検査するまで10分ほど掛かるようでいったん待合に出されます。

再度診察室に呼ばれて、採取した爪を顕微鏡で見ますが、
今はその画像はPC画面に大きく写し出され、先生とその場で一緒に見ることができます。

先生から「これが白癬菌です」と画面を指されて、診断確定です。

 

ここで、注意点ですが、ご自分で市販の薬を塗っている場合は、
皮膚科に行く前の数日間は使用をやめましょう。

水虫薬を使用していると白癬菌が顕微鏡で見えなく成って、

違う病気と疑われてしまうことが有るらしいので、注意してください。

スポンサードリンク

◆治療にはどんな方法があるの?

1.塗り薬
2.飲み薬
3.レーザー治療

 

1.塗り薬
軽度の場合の治療方法です。爪の中まで薬が浸透せずあまり効果は期待できないようです。
爪水虫専用として日本国内で承認されている薬は無いそうです。

ところが今回、初めて聞いて、びっくりしましたが、2014年9月に日本初の
塗り薬(外用爪白癬治療薬)が発売されました。

 

2・飲み薬
日本国内で承認されている爪水虫の薬(爪白癬治療薬)は飲み薬(経口抗真菌薬)のみ
なので、治療方法といえばこの方法と言うことになります。
大きく分けて、下記の2つの方法があります

①毎日薬を飲む方法(服薬期間6ヶ月)
・1日1回食後にのむ(1回1錠)
・爪の状態を見ながら最終的にいつまでのむか決める

②1週間服用して3週間休む方法(服薬期間3ヶ月):パルス法
・1日2回食後に飲む(1回4カプセル)
・治療を始めて6ヵ月後に爪の状態を確認

デメリットとして、肝障害等の副作用や薬物相互作用がみられることがあります
高齢者や複数の薬剤を服用している方は使用が制限されます。
健康な方でも治療中は、定期的に血液検査をして肝機能の状態の確認が必要です。

 

管理人はこの、パルス法を3度試しました。毎回、見た目は完治していたので
効果はありそうです。ただし、薬をもらいに行くたびに血を採られるのが
痛くてちょっと気分がめいりました(泣)

 

3.レーザー治療
欧米では認可されていますが、今のところ、国内では認可されておらず保険がきかないので自費での治療です。
下記のような方にお勧めです

・飲み薬による副作用が心配な方
・定期的な血液検査に抵抗ある方
・他の薬を既に飲んでいて併用できない方

レーザーを爪の上から照射、爪1本について5分から10分ほどの所要時間です。

頻度は1-2カ月に1回で、5-6回が目安。このレーザーで爪の中の白癬菌を蒸散させます。

 

◆費用はどれくらいかかるの?

※病院や程度によって変わるので目安と思ってください。

1.塗り薬 クレナフィン外用(治療期間12ヶ月、合計約63,000円)

1日1回、塗布。1本で約2週間使えます。薬が、切れるたびに通院して受診する必要あるので約24回受診することになります。
薬剤が1本約1,800円。そのほかに、診察代24回分と顕微鏡の検査代12回分で約63,000円程度が必要です。

 

2.飲み薬
・毎日薬を飲む方法の場合 テルビナフィン内服(治療期間6ヶ月、合計約14,000円)

毎日1錠を約6ヶ月服用します。薬剤費が約5,820円。薬剤費以外に診察代6回分と顕微鏡の検査代6回、
肝機能障害の確認の為の血液検査代、これらを含めて約14,000円程度です。

 

・パルス法の場合 イトラコナゾール内服(治療期間6ヶ月、合計約15,000円)

1日8錠を7日間内服し3週間休みと言うサイクルを3回繰り返します。薬剤費が約10,980円。
薬剤費以外に診察代3回分、顕微鏡検査代で約15,000円程度必要です。

 

3.レーザー治療(治療期間6ヶ月から12ヶ月 2万円~6万円)
自由診療なので治療費は実費になります。肝臓への副作用の心配が無いので血液検査の費用等はかかりません。

通院回数も3回から4回程度で経過を見るのに6ヶ月から12ヶ月。

 

4.本当に治るの??

1.塗り薬 完治率 17.8%(クレナフィン52週使用)
2.飲み薬 有効率 75%~85%程度
3.レーザー治療 有効率 75%~85%程度(内服と同程度)

なかなか、正確と思えるデータがないため、参考値と思ってください。
新薬、クレナフィンのデータは「国際共同第Ⅲ相試験」の臨床データを引用しています。
他の二つの治療方法の有効率とは違うので比較しにくいですが、かなり低いと感じました。
データ上は有意に高い数値と言うことです。

 

◆最後に

爪水虫の治療は根気とお金が必要です。爪が完全に生え変わるのに半年から一年掛かるので
完全に治ったかどうか確認するにはそれくらいの期間が必要です。

 

管理人も完治したと思っていたら再発して3度失敗しています

 

今回は、病院で紹介された新薬のクレナフィンと言う塗り薬で挑戦しようと思います。
病院では、詳しい説明もなく、「どちらにしますか?」程度の聞かれ方だったので
副作用の怖い飲み薬より、新薬の塗り薬に飛びついてしまいました。

家に帰って、調べてみると、治療費が高い・長期間掛かる・効果が低そうと
ちょっとテンションの下がる情報がいっぱいありましたが、

あえて、このまま治療を続けようと思います。

治療状況については、定期的に報告する予定ですので、お楽しみに!

スポンサードリンク
LINEで送る

-健康
-

Copyright© LIFE NEWS , 2019 All Rights Reserved.