LIFE NEWS

花山の関心ごと。保険・お金・日々のくらしに役立つ情報

アウトドア 生活の知恵(LIFE HACK)

台風と温帯低気圧の違いは?油断できないのはどっち?

スポンサードリンク

天気予報で、気象予報士の人が「台風はまもなく温帯低気圧に変わる見込みです」と話す場面、けっこう見たこと有りますよね。

たいていの人は、「アー良かった、もう台風も終わるなあ」と安心すると思います。でも、実際の危険度はぜんぜん変わって無いことも有るんですよ。

ということで、
タイトルの答えは「どちらも油断できない!」です。ぼく自身にとっても意外と盲点だったのでしっかり調べてみました。

台風と温帯低気圧はどう違うのか?そして、温帯低気圧もなぜ油断できないのか!

cold-front-63037_1280

台風の一生


簡単に書くと

・熱帯低気圧⇒台風⇒熱帯低気圧⇒消滅
・熱帯低気圧⇒台風⇒温帯低気圧⇒消滅

この、2パターンがあります。

一般的には
発生期⇒発達期⇒最盛期⇒衰弱気⇒(熱帯低気圧/温帯低気圧)⇒消滅

・発生期
 赤道付近、高い海水温で上昇気流が発生、積乱雲がまとまって渦を形成。
 渦の中心の気圧が下がり発達すると熱帯低気圧、風速が17m/sを超えたら台風となる。

・発達期
 暖かい海面から水蒸気エネルギーが供給され続け、中心気圧がどんどん下がって行く。

・最盛期
 中心気圧が最も低く最大風速が最も強い状態。

・衰弱気
 日本付近に北上してくると水蒸気の供給が少なくなって勢力が弱まってきます。
 そして、熱帯低気圧や温帯低気圧に変わります。

ということは、熱帯低気圧も温帯低気圧も勢力が弱いなら「安心じゃん!」と言うことになりそうですが実はそう簡単な話では無いようです。

スポンサードリンク

温帯低気圧に変わるとはどういうことか?


台風⇒構造が変わる ⇒温帯低気圧
台風⇒弱まる     ⇒熱帯低気圧

というのが正しい流れになります。

温帯低気圧 暖かい空気+冷たい空気
熱帯低気圧 暖かい空気のみ

このように、台風⇒温帯低気圧になるときに構造が変わリます。強さは関係ありません。

台風が弱まってくると、北にある寒気の影響を受けるようになります。そして、寒気と暖気の境目の前線を伴った温帯低気圧に変わります。
これが、天気予報でよく見る「台風は温帯低気圧に変わりました」と言うことです。

本当は怖い!温帯低気圧


台風が弱まったのに、それでも怖いとはシックリ来ません。

では、なぜ怖いかと言うと
・風速のピークは過ぎているが、温帯低気圧に変わると強い風の範囲が広くなり中心から離れたところで災害が発生する場合がある。

進路予想が出なくなるので対応が難しくなる。

・寒気の影響を受けて、再び発達して弱っていた風が強まって災害を起こすことがある。

こういった事があるので継続して注意は必要です。

熱帯低気圧に変わった場合


上記のように、温帯低気圧に変わるという事は、低気圧としての構造自体が変わってしまう事でした。

では、台風が熱帯低気圧に変わるということはどういう事かというと、最大風速が17m/s未満になったということです。
これは、ただ、数値的な基準なので、熱帯低気圧になった瞬間に安全になるわけではありません。
引き続き強い雨や風は続いているので、やはり、継続して注意は必要ですね。

爆弾低気圧とは


この言葉、最近、聞くことが増え増したが
ブリタニカ国際大百科事典によると

急速に発達する温帯低気圧のこと。気象庁では,中心気圧が 24時間で 24hPa×sin(φ)/sin(60°)以上低下する温帯低気圧(φは緯度)と定義され,たとえば北緯 40°なら 17.8hPa/24hとなる。

台風並みといわれますがこちらも温帯低気圧ですね。

最後に


「台風が温帯低気圧に変わりました」と聞くと安心してしまいますが、その後、気象予報士の人が何て言っているか良く聞いてみましょう。

「まだまだ、危ないですよ」と言うことを一生懸命伝えようとしている事があります。そういう時は本当にまだまだ危ないので注意しましょうね!

スポンサードリンク
LINEで送る

-アウトドア, 生活の知恵(LIFE HACK)
-

Copyright© LIFE NEWS , 2019 All Rights Reserved.