LIFE NEWS

花山の関心ごと。保険・お金・日々のくらしに役立つ情報

健康

CTとMRIの違いって?初めて知った。こんなに違う!

スポンサードリンク

医療ドラマでは良く「CTを・・・」とか「MRIを・・・」とか言う場面が出てきますよね。

結構、緊迫感のある場面で使われていたりして、ドラマだとわかっていても、どきどきしながら結果が出るのを待っていたりします。

でも、専門家がその場面を見ると、結構、突っ込みを入れたくなる事も有るようです。

「おい、その使い方違うよ!」(バシっ)とか。

テレビなら許されますが、自分の子供とかだったら、笑って済まされないことも有ります。

僕たちは素人なので、病院の先生に任せるしか有りませんが、仕組みと違いを知っておけば安心できることも有ります。万一に備えて勉強しましょう!!

さて、
CTもMRIもどちらも外から体の中の様子がわかるものですが、「CTでは見えるけどMRIでは見えない。」またはその逆で「MRIでは見えるけどCTでは見えない。」ものが有ります。

それは何でしょうか?

【目次】
・写りやすいもの写りにくいものが有るらしい
・CTとMRIの仕組み
・その他の違い。比較して見ると
・最後に

写りやすいもの写りにくいものが有るらしい


「CTでは見えるけどMRIでは見えない。」またはその逆で「MRIでは見えるけどCTでは見えない。」ものが有ります。

一般的には、

CT内臓が得意です。肺、心臓、肝臓、泌尿・生殖器系などに病気が無いか心配なときにはこちらの方が良いです。臓器自体や腫瘍の大きさとか進展の状況を見る時にも適しています。

MRIは脳や脊髄などの病気が心配なときに役に立ちます。脳梗塞、能動脈瘤、椎間板ヘルニアなどはMRIの方が適しているという事です。

骨の影響を受けにくい(骨には水分が少ない)事や、病変と正常部位の差がわかりやすい(分解能が高い)と言う特徴があるので、頭の中の検査に有効です
また、マンモグラフィーでは検出できなかった、多発乳がんもMRIで検出できる場合があるようです。

(一般例なので、例外はありますのでご注意ください)

さて、同じように思える二つの検査方法。
この違いはどこから来るのでしょうか?仕組みがぜんぜん違うんですね!

images (2)

CTとMRIの仕組み

CT(コンピュータ断層撮影)とは


・X線(放射線)を使います。

・基本的にはレントゲンと同じものです。

・角度を変えて多数のレントゲン写真を撮り、コンピューターで解析して、輪切りにしたような画像や立体的な画像を作り出します。

・デメリットは被曝するということ

MRI(核磁気共鳴画像法)とは


・磁気+電磁波を使います。
・人の身体の60%から70%は水からできていると言われていますが、その水などの物質中の水素原子核に強い磁場を与えたり、磁場を無くしたりすることで得られる変化を測定します。それを、コンピュータで立体映像にします。

つまり
CTはX線(放射線) MRIは磁気+電磁波を使うと言うのが仕組みの違いです。

スポンサードリンク

その他の違い。比較して見ると

・料金(3割負担として)


単純検査
CT 4000円から5000円
MRI 5000円から6000円

造影検査(造影剤を使う)
CT 10,000円から11,000円
MRI 11,000円から12,000円

MRIの方がやや高いようです(病院や検査内容で変わってきます。)

・検査時間


CT 短い(数十秒)
MRI 長い(10分から1時間)

頭の検査はMRIの方が有効ですが、救急などで、緊急を要する場合は「まず、CT」と言う場合があります。
また、小さいお子さんとかじっとしておくのは大変かもしれません。

・撮影できる方向


CT 横方向のみ
MRI 横方向、縦方向も可能

 

・その他デメリット


CT 放射線に被曝する

MRI 強い磁気を使った検査なので心臓にペースメーカーを入れていたり、骨にボルトが入っていると検査できない。
   かなり大きい音がする(結構苦痛なくらい)

最後に


読者の皆さんに、この二つの検査方法について違いを知っておいていただければ、もしもの時に役立つかなと思って、色々と調べてみました。

調べてみて、自分でも知らないことが多くて勉強になりました。この違いを知っていれば、うちの子供たちが軽いけがですが、検査したときに先生の説明がもっと良く理解できたかもしれません。

ただし、とても専門的なことなのでくれぐれも素人判断はしないでくださいね。担当の医師と相談するときなどに、知識として知っておいて役立てていただければと思います。

また、テレビでドラマを見るときなどは少し見方が変わるかもしれませんね。一緒に見ている人に、チョット詳しく解説すると「すごい!」と思われるかもしれませんね。

スポンサードリンク
LINEで送る

-健康
-

Copyright© LIFE NEWS , 2019 All Rights Reserved.