LIFE NEWS

花山の関心ごと。保険・お金・日々のくらしに役立つ情報

雑学

名字と姓の違いは?調べてびっくり!すごい歴史が有った!

スポンサードリンク

職場で事務手続きをしているときです。

同僚が「このお客様、結婚して名字が変わったんだ~。旧姓が・・・。」

その言葉が耳に入ってきたときに、「あれ、名字と姓ってどう違うんだっけ?」と、すごく気になってしまいました。

と言うわけで、今日は名字と姓の違いについて調べてみました。

名字と姓の違いは調べれば調べるほど、奥が深くて「へーっ」と思うこともたくさんありました。なかなか複雑な成り立ちがありますが、できるだけわかりやすく整理してみたいと思います。

そして、この二つを説明するには、先に「氏」を知っておく必要が有ることがわかりました。

それでは、「氏・姓・名字」のお話です。 はじまり、はじまり~。

大胆にまとめると
まず氏が有って、姓ができて、そして名字ができました。最後に「どれかひとつ、好きなものを選んでいいよ」と決まった。と言う流れになります。

:古代日本で親族ごとに集団を作っていて、その呼名。氏族。

:天皇からもらったもの。朝廷での役職や地位をあらわすもの。

名字:自由に付けていいもの。氏が分家したときに区別に使ったり、武士が増えてきて自分の支配する地名を名字にして所有権を表した。

氏(ウジ)について


太古の日本では、祖先が同じ人たちが集まって親族集団を作っていました。それぞれの集団が氏族で氏(ウジ)を持っていました。

代表的な氏
地名由来の氏 出雲氏、尾張氏、和邇氏、穂積氏、吉備氏、葛城氏、蘇我氏、毛野氏

【豆知識】
※チョット複雑になりますが、その後の新しい氏として、こんなのもが出てきました。

朝廷内での職掌由来の氏 物部氏、大伴氏、阿曇氏、額田部氏、膳氏、日下部氏
天皇に姓もらった後に命名された氏 藤原氏、橘氏、源氏、平氏、豊臣氏

スポンサードリンク

姓(カバネ)について


姓と書いて「カバネ」と読むんですね!

だんだんと朝廷が力を持つようになって、氏族を支配するようになってくると、有力な氏族は天皇に仕えて朝廷での役職をもらうと言うことになりました。

それに伴って、役職や地位を表すものとして姓(カバネ)を天皇からいただいたと言うのが姓の始まりです。

語源は色々な説があるようですが、一説には「女性の皮と男性の骨から生まれたという意味の皮骨(カワボネ)を縮めた古代語」と言う説が有ります。

最初は1000種類くらい有った物がだんだんと減ってきたり、制度改正があって地位の順番が変わったりと言うこともありました。

代表的な姓

最初の頃の姓
階級が高い順に、公(キミ)君(キミ)臣(オミ)連(ムラジ)直(アタイ)造(ミヤツコ)首(オビト)史(フヒト)薬師(クスシ)

天武天皇が姓制度を改正してからの姓
八色の姓(やくさのかばね)を制定して「姓」のランクを変更したりしています。

階級が高い順に真人(マヒト)朝臣(アソン)宿禰(スクネ)忌寸(イミキ)道師(ミチノシ)臣(オミ)連(ムラジ)稲置(イナギ・イナキ)

「臣」や「連」は上位から下位へ格下げされています。

【小休止】
チョットややこしくなってきましたね。具体例を出して復習したいと思います。

徳川家康織田信長の場合

正式名 源朝臣徳川次郎三郎家康 平朝臣織田三郎信長

氏   源           平

姓   朝臣          朝臣

名字  徳川         織田

通称  次郎三郎       三郎

実名  家康          信長

名字について


最後は名字についてです。

上の小休止でも出てきましたが「徳川」とか「織田」が名字になります。姓が天皇から頂いたものに対して、名字は自分で自由に付けてよいものです。

名字のでき方としては、例えば「藤原」と言う「氏」がすごく増えて区別が難しくなったと言うことが有ったようです。

そのため、地名をつけて「伊賀の藤原さんは伊藤にしよう」。とか「加賀に済む藤原さんは加藤にしよう。」と言う使い方が出てきました。

その後、今度は武士が力をつけてきて、武士がどんどん増えるようになると長男、次男、三男と分家して行って地名をつけたり、土地が少ないと新しい土地を開拓していって地名をつけたりと言うことで必要に応じて名字は増えていきました。

そして現在は?


そして現在は姓や名字の区別は無くなって同じものとして使われています。

これは明治になって、戸籍を整備する必要が出てきて、国民はみんな名字を持つということに決まりました。

今まで基本的に平民は名字が無いのが当たり前だったのに、明治8年(1875年)2月13日の平民苗字必称義務令により、国民はみな公的に名字を持つことに決まりました。

ちなみにこれにちなんで2月13日は「名字の日」となっています。

【豆知識】
名字を調べていて色々新発見がありましたが明治になってからも短期間の間に色々制度が変わったようです。今回特に驚いたのが最初は夫婦別姓だったようです。

明治9年(1876年)3月17日に 太政官指令で「妻は、所生ノ氏(婚前の名字)を改めないこと」と夫婦別姓とする決定がなされたそうです。

今のように夫婦同姓に変更されたのは明治31年(1898年)の明治民法が成立し時からだそうです。びっくりですね!

まとめ


姓と名前そして氏についてできるだけわかりやすくまとめてみました。

長い歴史の中で色々な背景があって変わってきたことなので正確にまとめ切れていない心配もありますが大きな流れはつかめていると思います。

ふとした疑問から軽い気持ちで調べた事ですが、ながーい歴史を感じました!!

スポンサードリンク
LINEで送る

-雑学
-

Copyright© LIFE NEWS , 2019 All Rights Reserved.