LIFE NEWS

花山の関心ごと。保険・お金・日々のくらしに役立つ情報

健康

ピロリ菌の除菌って何?あなたの胃の一生はピロリ菌の感染で決まる!!

スポンサードリンク

昨日、職場の同僚からピロリ菌の除去をした話を聞いて
びっくりしました。

時々耳にするけど、正体のよくわからない言葉「ピロリ菌」
意外と身近なものだったんだと思いました。

ちょうど明日が、除菌できたがどうかの検査の日らしく
今日は夕食後は飲食禁止だそうです。
7日間薬を飲んで、ひと月あけて検査をすると言う事

検査前ですが、いままで胃痛が有ったのがあまり感じなくなったそうで
除菌もうまく行っているみたいでした。

さて、ピロリ菌にちょっと興味を持ったので調べてみることにしました。

◇ピロリ菌について調べてみました。
 ・ピロリ菌て何?
  1980年代に発見された胃の壁を傷つける細菌
  正式名称はヘリコバクター・ピロリ
  ヘリコはヘリコプターのヘリコでこの細菌は尻尾みたいなものを
  回転させて泳ぐそうです。

 ・どれくらいの人が感染しているの
  50代以上 80%程度
  40代   35%前後
  30代   20%前後
  20代   20%前後
  10代   15%前後
  年齢の高い人ほど多い傾向にあります。

 ・どうやって感染するの
  口からの感染がほとんど。食べ物や飲み水からの感染で
  多くが幼少時に感染します。
  今の50代以上の人に感染者が多いのは子供の頃の衛生環境が
  あまり良くなかった為です。

 ・感染するとどうなるの
  感染しただけでは問題無いようですが、保菌者の3割程度に症状が出るそうです。
  胃がもたれる・胃が重い・胃がむかつくと言った感じがすると
  ピロリ菌の可能性があります。
 
  「ストレスで胃が痛い」とよく言いますが実際はストレスよりも
  ピロリ菌感染で胃炎や胃潰瘍になる方が多いようです。
 
  なんと、胃潰瘍の90%はピロリ菌の保菌者と言うことです。
    
◇胃がんの99%はピロリ菌感染が関係している
 がんのなかで一番患者数が多いのが胃がんです。
 特に、日本人は胃がんになる人が多く、アメリカ人の8倍も胃がんに
 なる率が高いそうです。
 
 1994年にWHOがピロリ菌の確実な発がん物質として認定しました。
 ピロリ菌を除菌すると胃がん発生率は1/3に減少し、また、細菌の研究では
 胃がんの99%にピロリ菌が関わっていることが判って来ています。

  
 これだけ、胃がんや胃潰瘍に関係していると心配になりますね
 どうやって除菌したらいいんでしょう?また、費用は?

スポンサードリンク

◇どうやって除菌するの?費用はいくら?
 ・ピロリ菌感染の検査
  内視鏡を使う検査
  迅速ウレアーゼ試験、鏡検法、培養法
  
  内視鏡を使わない検査 
  便中抗原検査、尿素呼気試験、抗体検査

  たとえば、この中で尿素呼気試験法の場合ですと
  検査に必要な時間が約20分、結果が出るまでの時間が数分
  と結構、短時間で実施できます。

  診断薬を服用し服用前後の呼気を集めます。
  感染診断と除菌判定に使われていてもっとも精度が高い方法です。

  2000年11月に胃潰瘍と十二指腸潰瘍のみ保険適用だったものが
  2013年2月には慢性胃炎も保険適応になっています。

  胃炎、胃潰瘍の診断が無いと保険適用になりません。
  自費で除菌まですると1万から2万円程度、保険適用で5千円弱が
  目安です。
 
  健康診断のときにオプションで追加できるようなので予約するときに
  問い合わせて見たら良いですね。
  
  

スポンサードリンク
LINEで送る

-健康

Copyright© LIFE NEWS , 2019 All Rights Reserved.