LIFE NEWS

花山の関心ごと。保険・お金・日々のくらしに役立つ情報

健康 生活の知恵(LIFE HACK)

初めての老眼鏡。その選び方を周囲の失敗から学ぼう!!

スポンサードリンク

40歳を超えてくると、ちょっと手元が見えにくくなって来ます。
我慢しきれなくなって、「よし、老眼鏡を買おう!」
となりますが、初めてだとなかなかイメージ道理に行かないもので
買ったけど思ったのとちょっと違うなと言うことになりがちです。

◇最近知人が老眼鏡を買いました
職場の同僚が、最近、老眼鏡を新調しました。
気に入ったフレームが見つかるまで何店舗もまわって
レンズもちょっと高めのものを入れて、総額で5万円程。

注文してから出来上がるまで一週間ほど掛かると言うことで
とても、楽しみにしていました。

いざ、出来上がっためがねを掛けて仕事をしてみると
手元は良く見えるけど、パソコンが良く見えなかったりと
色々不満が出てきました。

結局、仕事中ずっと掛けておくには不便で
手元を見る事務の時だけ使うようになりました。

思ったよりも用途が限られてしまったわけです。

◇老眼鏡を選ぶときのポイント
・フレーム
・レンズ(用途、値段、度数 材質)

まず、フレームについてです。
めがねに慣れている方は大丈夫だと思いますが
数年は、そのフレームとお付き合いするようになります。
飽きたり、後悔しないように何店舗かまわって
出来るだけたくさん試掛けしてみましょう。

ついで、レンズについてです。
一番大事なのが何に使うかだと思います。
読書だけなので、手元だけでよいとか、
手元の書類も見るし、パソコンの画面も見るといった違いです。

それによって
近用単焦点
遠近両用
中近用
近々用 等々色々なタイプになります。

ひとつのレンズで多用途に使えたり、場合によっては用途ごとに
眼鏡を数本持つということになります。

材質はプラスチックかガラスになります。
重さ・厚さ、傷のつき易さ等特徴があるので
眼鏡店でしっかり確認しましょう。
値段も大きく違います。

◇私ならこうします。
さて、自分でも反省点があり、知人の失敗も見てきているので
初めての方には次のステップをお勧めしたいと思います。

スポンサードリンク

1、度数表で度数を確認
 ・インターネットで「老眼 度数」で検索すると
  簡易な自己診断表がすぐに見つかります。
  これを元に、自分の度数を把握しましょう。

2、100均でお試し購入
 ・調べた度数の眼鏡を購入して実際の使用目的に使ってみましょう。
  使ってみると予想外の不満も出てきます。
 ・100均の眼鏡で十分の人もいますが、長時間使用すると
  合わない人は目や頭が痛くなる場合も有るようです。
  左右の目で視力が違ったり、遠視、近視、乱視があると
  合わない場合も有るのであくまでテスト用と割り切りましょう。
 
3、フレーム探し
 ・長く付き合うフレームなので色々フィッティングしてみたいですね。
  おしゃれなフレームも増えているのでたくさん試してみましょう。
  
4、レンズ合わせ
 ・気に入ったフレームの有ったお店でレンズを一緒にしても良いですし
  フレームだけ買ってレンズは別のお店でと言うこともできます。
  セットやキャンペーンも有って割引の対象になっている場合も有るので
  お店の人に確認しましょう。

◇最後に
・初めての事はなかなかイメージどおりにいかない場合があります。
 眼鏡は結構高額になったり、用途に合わないと返って不便になる場合も
 有ります。しっかり時間を掛けて選んでくださいね。

・PCやスマホの利用時間が長い方は「ブルーライト」が目に悪いと
 言われています。レンズによってはブルーライトをカットすることが
 出来るものがあるので、お店に聞いてみましょう。

 私の場合、レンズはブルーライトをカットできるものを選びました。
 おかげでそれまで、目が充血して痛かったのがかなり改善されましたよ。

 では、

 

スポンサードリンク
LINEで送る

-健康, 生活の知恵(LIFE HACK)

Copyright© LIFE NEWS , 2019 All Rights Reserved.