LIFE NEWS

花山の関心ごと。保険・お金・日々のくらしに役立つ情報

プチ断食 健康

初めて、お腹が鳴る!空腹は若さを保つ秘訣らしい?【プチ断食実践記#3】

スポンサードリンク

今日が3回目。大分慣れてきました。

でも、今のところ成果らしい成果は出ていません。ちょっと期待はずれ。

食べない次の日は確実に体重は減っているが、いつも以上に今月は外でたくさん食べる機会が有って減った分だけ元に戻っている感じ(言い訳)

明後日も送別会で思いっきり食べることになりそうですが、気にせず今日を頑張ります。

プチ断食のダイエット面の効果とは


ダイエット面の効果はこんなものが有ります。

・摂取カロリーを抑える効果

・脂肪が燃焼する効果

・便秘が解消する効果

 

摂取カロリーを抑える効果


これは、当然ですね。食べないから摂取カロリーが少ない(→痩せる)

脂肪が燃焼する効果


普段は脂肪2:糖質1の割合で燃焼してエネルギーを作っているそうです。

断食して、口からエネルギー減が入ってこないと、肝臓などに蓄えられている、体の中の糖はだいたい半日でなくなると言うことです。

その分、体内の脂肪を燃やしてエネルギーにする機能が強まるという仕組みです。

この時の一番のエネルギー源はお腹周りの脂肪なので、断食をするとお腹の脂肪が減る効果がすごく高いと言うことです。

気をつけないと行けないのは、脂肪だけが減るわけではなく、蓄えられた糖がなくなると筋肉を分解して糖を作り出す仕組みも有ります。

なので、過剰な断食は筋力を弱めてしまうので注意してくださいね。

317794

便秘が解消する効果


普通に生活して、飲食をしているとどうしても食べる量や頻度が多くなります。

腸は『消化』『吸収』『排泄』の役割を担っていますが、消化・吸収の方が過剰になります。

なので、排泄が十分ではなくなって“宿便”が溜まというわけです。(宿便の量は200g~2kg)

断食を行うとその日は消化・吸収に力を割かなくて良いので宿便の排出ができます。

スポンサードリンク

実践3回目 2016/06/21

◆前日夜(2016/06/20)

 残業で遅くなりました。
お昼が小さいパンが2個だけだったのでそこそこお腹すいた感じで帰宅。

晩ごはんはやや少ないくらい。もう少し少ないほうが良かったかも?

食後にケーキも・・・。
 

◆当日の様子(2016/06/21)


今朝のデータ(体重67.5kg 体脂肪20.1% ウエスト89cm)
・06:45 3回目スタート。お腹空いてません~

・09:00 今日は朝からお腹空いてます。夜までもつかな~?

・09:30 カフェオレ1杯目

・12:00 今日はちょっとしんどい~。お腹すいた~。

・14:00 3回めにして始めてお腹が「ぐー」っと鳴った。お腹がなることは良い事らしいです。

・14:00 ホットミルク

・15:30 ホットミルク(お腹すいた~)

・16:45 はちみつ入りカフェオーレ

・20:00 入浴。体調異常なし。

・20:20 胃が痛くなる感じ。かなりおなかすいてる。

・21:15 カフェオレ

・24:00 就寝

◆次の朝(2016/06/22) 


翌朝のデータ(体重67.5kg 体脂肪20.1% ウエスト88.0cm)
・04:50 起床 お腹すいた感じはあまりない。が、ややだるい

まとめ


なかなか、びっくりするほど体重はへらず。

減っては戻しの繰返しですがダイエット以外の効果もたくさん有ります。

ここはしばらく継続でで頑張ります。

今日はじめて、お腹が「グーッ」となりました。

お腹が鳴るのは若返り効果があるようです。

また、調べて報告しようかな。

実践記 その4へ続く

スポンサードリンク
LINEで送る

-プチ断食, 健康

Copyright© LIFE NEWS , 2019 All Rights Reserved.