LIFE NEWS

花山の関心ごと。保険・お金・日々のくらしに役立つ情報

健康 生活の知恵(LIFE HACK)

サングラスの選び方。紫外線カットしたい時の注意点!! 

スポンサードリンク

紫外線が気になる季節になってきましたね~。

毎年、この季節になってくるとサングラスを買おうかな~っと迷います。

眩しいから、と言うことも有るんですが紫外線の影響で目がすごく老化するらしいんです。

日差しの強い季節だけでは無くて、本当は一年中、眼を守った方がいいとも聞きますし・・・。

そんな風に心配していたら、チョットびっくりすることを聞きました。

レンズって色が濃いほうが良いと思っていたんですけど、紫外線カットとあまり関係ないらしいんです!

かえって、濃い色のほうが眼に悪影響も有るとか。

ちょっとびっくりですね~。
482a08645376a4350245ff12a1c28501_s

と言うことで、今回は、サングラスの選び方を調べてみました!

是非、参考にしてくださいね。

紫外線カット率とレンズの色は関係ないって本当?


紫外線カットの性能とレンズの色は関係ありません。

紫外線透過率1.0%以下」とレンズに表示されていれば、99%以上の紫外線をカット出来る性能と言うことです。

紫外線カットのサングラスには、「紫外線透過率」が数字で表示されています。

まずは、レンズの色ではなく、そのレンズがどれくらいの紫外線をカットできるのか数値を見て下さい。

数字が小さいほどレンズの性能の優れたレンズということです。

【チェック】
▶レンズの色の濃さと紫外線カットの性能は別!!
▶紫外線透過率0.1%以下を選べ!!

 

濃いレンズのデメリット!注意することは?


眼は、暗いところでは瞳孔(どうこう。目の中心にある、光を通す領域)が開きます。

より多くの光を取り込もうとするためですね!

逆に、明るいところでは瞳孔は小さくなって、取り込む光の量を減らそうとします。

そう言う調整機能が眼には有るんですね。

濃い色のレンズのサングラスだと、眼の調整機能で瞳孔を大きく開こうとしますよね。

その開いた状態のまま多くの紫外線を目に取り込んでしまいます。

もし、紫外線の透過率が低いレンズだったら、かえって眼に悪い影響が有ります。

レンズが濃いだけでは怖いですね。紫外線を透過させない機能のあるレンズが必要です。

紫外線カットが目的で性能の良いサングラスを探したい時は、雑貨店で売っているサングラスではなく、メガネショップできちんとメガネ検査員に相談して買うことをお勧めします。

【チェック】
▶紫外線カット目的ならば専門店で相談しよう!!

 

スポンサードリンク

40aacb524da9cdca5cc210c6daed3546_s

紫外線の眼への悪影響は?どうなるの?


紫外線の眼への悪影響として有名な症状にはこんなものが有ります。

▶急性の紫外線角膜炎
▶慢性の翼状片
▶白内障

眼は他の臓器と違って、唯一、外部にさらされています。もっとも、直接的なダメージを受けやすい構造です。。

ダメージは蓄積されていって、上記のような症状・病気を引き起こしたり、眼の老化を早めます。

紫外線の波長 10~400ナノメートル

眼内へ進入する光の波長 280ナノメートル
 ・角膜で吸収される光 80%以上 
 ・角膜を通過したものは殆どが水晶体で吸収されます。
 ・眼の奥の網膜まで到達する光 1~2%

 

もう一つ恐いことが有ります!!悪影響は眼だけではないんです!!

角膜に影響を受けると、脳下垂体と言うところに情報が伝達されます。

そうすると、防衛反応としてメラニン色素を作ろうと体が反応します。

そしてメラミン色素が作られるので、直接肌から影響を受けていないのに、目から紫外線の影響を受けただけで肌の日焼けに繋がるということです。

と言うことで、肌の老化も進んでしまうんですね!

【チェック】
▶紫外線の影響で眼が病気に成ることも!老化も進む。
▶眼への悪影響で肌の老化にもつながることがある!

 

シチュエーション別の選び方


運転


運転用のサングラスで、1番気をつけるポイントは、可視光線透過率です。

可視透過率とは、文字通り(可視)光の透過率のことで、外から中へ光をどれくらい通すかということ。

100%なら透明で、黒など色付きになると、透過率は低くなります。

可視光線透過率が低い(レンズの色が暗い)と晴れているといいのですが、天気が悪い時などは暗くて見えにくくなります。

可視光線透過率は、サングラスの製品表示タグなどに%で表示されています。
車の運転に使用できるものは、可視光線透過率20~30%程度がちょうど良いです。
031_02

スポーツ

サングラスと言っても沢山種類がありますが、目的やシーンに合わせて選ぶことが大切です。
体を動かしている最中は、骨格にフィットしてずれにくい、心地良くつけられるものを選びましょう。

また、競技専用のものも売っていますのでそちらも参考にしてください。

そして、真っ黒なレンズで透過率を低下させると、目の瞳孔が広がり、見え方が悪くなり、ピントを合わせようと疲れ目になる可能性もあるので、レンズの色にも気をつけましょう。

紫外線カット加工がされていれば、レンズの色は薄くても紫外線カット率は変わらないので、目的やファッションに合ったものを選ぶということが大事です。
031_03

PC操作

メガネレンズの種類や、そのレンズがどんなフレームに対応するかなどは、店によって程度の差はあるもの、一般の眼鏡店で詳しく教えてくれます。

その時に必要な情報として…

1 自分がパソコンを使う環境や条件
2 デスクトップなのかノートなのか
3 パソコン以外に見たいものの距離(テレビが見たい・手元の書類が見たい)

など、きちんと説明できるような状態で相談したほうが、労力も金銭もムダにせず納得のいくメガネが作製できるはずです。

最近だと、ブルーライトが眼に悪影響があることが知られています。ブルーライトもきちんとカットできることがオススメです。
f499bdc71a995715cf64415df26e2a78_s

さいごに


サングラスといえば「黒のレンズ」という時代ではないようです。

色以上に有効な効果のあるレンズがあれば色は関係ない。確かに、、、。

購入するときも、自分が何の目的でサングラスを作るのかきちんと把握して眼鏡を選びたいですね。

スポンサードリンク
LINEで送る

-健康, 生活の知恵(LIFE HACK)

Copyright© LIFE NEWS , 2019 All Rights Reserved.