LIFE NEWS

花山の関心ごと。保険・お金・日々のくらしに役立つ情報

お金・保険 生活の知恵(LIFE HACK)

初任給っていつ?手取り額が思ったより少なくてびっくりするかも!! 

スポンサードリンク

初めて働いた会社で給料明細見て、あれ?なんか違う。と、思った事はありませんか?

思ったほど手取りが少ないなーって。

101496

社会人になって初めてわかるお金のありがたみと保険料の仕組み、今回は4月から新入社員としてデビューする皆様に向けて、初任給のアレコレを書いてみました。

是非!読んでみてください。

4月にもらえる人と5月にもらえる人がある??初任給は会社の締め日で時期が色々!

労働基準法では、
『賃金は通貨で直接、全額を毎月1回以上一定期日日曜日払うこと』と、決められています。

それぞれの会社の給与規定や就業規則などで決められており、この内容で初任給がいつ、どれだけ支払われるかきまります。

チェックポイントは

1 日給制か月給制か?
2 締日
3 支払い日

この3つです。

1 のありかたで、給与計算方法がかわります。

月給制
一ヶ月の給与が決まっていて、その金額が払われます。

日給制
1日の賃金が決められていて、実際に何日働いたかで支払がかわります。

初任給の支払いパターン

①当月末締め当月25日払い

この場合、その月の末日までの給与を25日に受け取ることになり、
4月1日入社の新入社員は4月分の給与を4月25日に受け取ります。
4月分の残業代は5月に支払われることになりす。

 

②15日締め、当月25日払い

この場合は、4月に支給される給与は3月16日から、
4月15日までの分となります。
4月1日から15日までの半月に働いた分が支給されることになります。

 

③○日締め、翌月△日払い

月末締め翌月10日払いなどの場合、4月に働いた分は5月10日に受けとることになります。
4月1日入社なら、4月に給料を受け取ることができません。
5月10日が初任給ということになります。

 
いずれにせよ、会社によって対応が違いますので、確認しておくのが大切です。

スポンサードリンク

どうして?びっくりするほど少ない手取り。

手取り減額の主な原因は、社会保険料。

社会保険料は社会保険に入るときにきまります。

初めて入社したり、転職したときです。

このときは見込み額で決まるんですけど、見込み額は基本給や支払われるであろう残業手当、その他を足したものを、標準報酬月額に当てはめて決定します。

最初に決まったものがずっと続くのではなく、一年に1回実際に支払われた報酬に合わせて改定があります。

その対象になるのは、社会保険料のうち、厚生年金保険料と健康保険料です。

通常は4〜6月の三カ月間の給料できまります。

ここで、お給料を沢山貰うと一年の保険料が高くなります。

ここをチェック!給与以外に大事な待遇。


押さえておきたい、諸手当。

諸手当とは基本給とは別に払われる手当のことです。

時間外手当、資格、役職に支払われるもの、生活補助的(通勤手当、住宅手当)なものがあります。

法律で決められているのは時間外、休日勤務や深夜勤務に対する手当のみなので、トラブルがないように事前確認しておきましょう。

さいごに


お給料をもらうことは、社会保険料を払うことも含む立派な社会貢献なんですね。

そこまで思わなくても、自分で働いてお金をもらうことは嬉しいことです。

出来るなら手取りが多い方がいいのも事実です。

これを機に税金の事やお金の事を勉強してみるのもいいかもしれません。

スポンサードリンク
LINEで送る

-お金・保険, 生活の知恵(LIFE HACK)

Copyright© LIFE NEWS , 2019 All Rights Reserved.