LIFE NEWS

花山の関心ごと。保険・お金・日々のくらしに役立つ情報

未分類

幼稚園?保育園?それともこども園?うちにぴったりなのは?

スポンサードリンク

「認定こども園」という言葉が聞こえるようになって数年経ちますね。

実際は、2015年4月からこども園が稼働しているのをご存知でしょうか?

従来の「保育園」「幼稚園」に一つ選択肢が増えたことで、パパ・ママには嬉しい事ですが、「我が子にぴったりなの一体どこなのだろう」と迷ってしまいますね。

そんなあなたのために、3つの園の違いや意外な決め方をわかりやすくご説明しますね!

それぞれの特徴とメリット、デメリット


grandstand-330930_1280

幼稚園と保育園、こども園は管轄する省庁が違います。

幼稚園は「文部科学省」
保育園は「厚生労働省」
こども園は「文部科学省・厚生労働省 幼保連携推進室」が管轄になります。

「文部科学省」は学校教育に関わる省庁。
「厚生労働省」は健康や福祉、主に生活に関わる省庁です。
こども園はその両方が協力して管轄しているという事になります。

幼稚園と保育園ではそもそもその「目的」が違います。

幼稚園は学校教育法第22条により「幼児を保育し、適当な環境を与えてその心身の発達を助長すること」を目的とします。

一方で保育園は児童福祉法第39条により「日々保護者の委託を受けて、保育に欠けるその乳児又は幼児を保育すること」を目的とします。

預かり時間、保育料の違いは?


children-725141_1280
預かり時間は、その施設の利用目的によって決められているようです。

幼稚園は基本的には1日4時間程度で、保育園は原則として1日8時間。そして、延長もあります。

こども園は、少し複雑です。

こども園は4時間のみの「短時間部」と8時間「長時間部」あります。また、受け入れる年齢や預かり時間は園によって違いがありますので、希望する園に確認した方が良いでしょう。

気になる保育料ですが、公立の幼稚園は地域の教育委員会が一律で設定しています。

私立の幼稚園の場合は園が決めています。

認可(公立)保育園は市がその世帯の収入によって決め、無認可(私設)保育園はその園が一律で決めているところが多いようです。

また認可保育園の保育料は、「世帯全員の収入」で決定する自治体と「その子供の父母の収入のみ」で決定する自治体があるようですので、自治体のHPにある「保育園料金表」等をチェックして下さい。

それぞれのメリット、デメリットは?

幼稚園は学校教育機関が管轄のため、1日4時間のうちに幼児教育を目的とした時間がとても多いです。

はさみやえんぴつを使ったものだけでなく、体育のようなものを取り入れている幼稚園もあります。

集団での保育なので「一列に並んで歩く」とか「椅子に座ってお話を聞く」などの規律を教えています。

ひとりひとりの子供に合わせた情操教育も行っているのが幼稚園です。

その分、私立ですと保育料が高くなったり、夏休みなどの長期休暇が有って、パートなど働くお母さんには、少々、厳しいです。

また、子供と一緒にいる時間が長いため、過保護になったりママ友トラブルなど不必要なマイナス要素がある場合もあります。

スポンサードリンク

保育園は、家庭の代わりの施設ということもあり、基本的なことは自分でできるように促すことが多いです。

自主性を大事にしているので「基本的には見守る」など、子供の生きていく強さを引き出すのが保育園です。

幼稚園と違って教育的な時間はありませんので、ひらがなを教えたり特にスポーツ指導をする園は少ないです。

しかし最近では、小学校へ上がったあと困らないようにと年長の学年でひらがなを教える保育園も出てきています。

滞在時間が長いことや子供の性格や個性が幼稚園より尊重されにくいため、子供に負担がかかりやすくなります。

平日に習い事ができないため、様々な経験を積ませて上げることができない点もあります。

こども園は預かり時間を短時間にするか長時間にするか、親が決められる自由があります。

1日4時間の間は幼稚園と同じように教育を、それ以外の時間は保育園のように家庭で過ごすような時間の使い方をしています。

認可保育園は給食室があり、栄養士さんが献立を考えているのに対し、3歳児以上の場合は外注のお弁当でも良いので、園によっては3歳児まで温かい手作りのお弁当をお昼に食べていたのに3歳クラスに上がったら変ってしまうという可能性もあります。

また、アレルギー対応が外注のお弁当屋さんでどこまで対応できるかという心配もありますね。

実はこんな違いもあった! 


pick-and-mix-171342_1280
 ひとくちに幼稚園といっても園によって特色は様々です。

幼稚園によっては、課外活動の一環で鼓笛隊やマラソン大会を催していたり、ネイティブの教師を毎週招いて英語のレッスンをする園もあります。

年長の学年で調理実習を行ったり、給食室を持つ必要のない幼稚園で、あたたかいご飯を食べさせてあげたいと給食室を持っている幼稚園もあります。

 同じく保育園も認可無認可の差はありますが、無認可でもしっかり教育を行う園があります。

逆に、保護者の方は認可保育園に入れたい方がほとんどだと思いますので認可保育園では教育に力を入れなくても良いので、差を付けるために無認可保育園は早期教育を取り入れているところもあるのです。

無認可だから絶対だめ、ではなく園によって方針など様々です。それは何度も下見に行くことや不明点を問い合わせることで見えてくると思います。

大事なお子さんを預ける場所ですから、認可保育園や無認可であることは関係なくきちんと確認してから入園させたいですね。 

また、ある認可保育園ではおやつに煮干しをあげているところもあり、食育に積極的な保育園もあったりします。
 

こども園も従来の幼稚園に保育園の要素をプラスしているこども園では、長時間の保育でも幼稚園の延長のように先生がしっかり見守ってくれていたりする園もあります。

まとめ


children-808664_1280
 制度や仕組みから始まり、様々な違いがあることが分かったと思います。

これを踏まえ、ご家庭の方針やお子様の性格、園それぞれの特徴もありますし、いろいろな視点から探してみてはいかがでしょうか。

お子様に合った園が見つかるといいですね。

スポンサードリンク
LINEで送る

-未分類
-

Copyright© LIFE NEWS , 2019 All Rights Reserved.