少子化って何が問題なの? わかりやすくまとめてみましたっ。

公開日: : 最終更新日:2016/03/10 子育て, 雑学

少子化・少子化対策という言葉を聞かない日がありません。

少子化は今後日本の将来を左右する大きな問題なのです。

あまり実感は無いかもしれませんが、これから驚くほどの早さで人口が減っていきます。

2013年総務省の人口の推計を参考にすると

2015年 1億2660万人 ⇒ 2025年 1億2066万人 

つまり、人口が約590万人減少する見込みです。 

北海道の人口が約540万人なので、これから10年間で北海道1つ分の人が居なくなるようなものです。



そして、

2025年⇒2035年 約850万人減少
2035年⇒2045年 約990万人減少
2045年⇒2055年 約1000万人減少

中国地方人口=約740万人、東北地方人口=約900万人、九州人口=約1300万人

今のままだと、2055年までに、北海道、中国地方、東北地方、九州の人口分が減ってしまう事がほぼ、確実と予想されています。

スポンサードリンク



z1_1_04_1

信じられないことですが、こんなことが今起こっています。 

それほど大切な問題です。皆さん! 一緒に考えましょう!!



少子化って何?どんな問題が有るの?


https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-LISA78_takaitakai20141018093006-thumb-1000xauto-17994
少子化とは生まれる子供の数が減少することを言います

・子供の数が減少⇒将来の人口が維持できない⇒働く人口(生産年齢人口といいます)が減少。

・人が減少⇒消費も減り経済の規模が縮小。 

・年金問題も一層深刻化します。
日本人の平均寿命は伸び続けています。
 
平均寿命が延びることは喜ばしいのですが、65歳以上の老人が増え、子供が減ると年金の面で厳しい現実が見えてきます。

よく言われるのが、現在は3人で1人の老人を支える“騎馬戦型”となっていますが、2050年には1.2人で老人1人を支える“肩車型“になると言うことです。

“肩車型”では現役世代が直接高齢者に仕送りするようなもので、医療費・介護費用も全額負担するようになるのです。 

そうなったら、現役世代は自分たちの生活が立ち行かなくなるでしょう。

このように、経済全般、年金問題の社会保障、労働市場に大きな影響を与える“深刻な問題”なのです。 

ここに“少子化の問題点”があることに気付いて欲しいのです。



スポンサードリンク



日本の現状はどうなっているの? その原因は?

少子化問題を論ずるとき必ず、『合計特種出生率』という難しい言葉が出て来ます。

合計特殊出生率とは

・一人の女性(未婚・既婚を問わず)が一生の間に何人の子供を産むかという近似値

・出産可能年齢(15~49歳) 

・合計特殊出生率=(ある年の子供の出生数)/(出産可能年齢の女性数)

内閣府の「少子化社会対策白書 2014」資料によりますと、今から67年前の第1次ベビーブームの時この値は4.3を超えていましたが、その後急激に低下し2.1台で推移していました。 

1975年2.0(≒人口が維持できる数値は2.08と言われています!)を下回ってから再び低下傾向に入り、2005年には過去最低の1.26迄落ち込みました。  
最近でも1.4前後と欧米諸国と比較しても低い水準に留まっています。

zh1-1-01

出生率が減少していったのには下記のようにいくつかの原因があります。

1)非正規雇用で所得が低く安定しないことで未婚化・非婚化が進行したこと

2)女性の高学歴化と働く女性の増加で晩産化・晩婚化が進んだこと

3)核家族化で子供の面倒見る人がいなくなったこと

4)保育施設が充足していないこと

5)子育てに対し金銭的負担が大きいこと

6)価値観の変化が大きいこと

1 )非正規雇用で所得が低く安定しないことで未婚化・非婚化が進行したこと:
2010年の国勢調査で25~39歳の未婚率は男女とも上昇しています。
また生涯未婚率を30年前と比較しますと男性は2.60%から20.14%と大幅に増えました。 これはその間、非正規雇用の割合が増えたことも一因です。 一方女性は4.45%から10.61%へ上昇しています。 

2 )女性の高学歴化と働く女性の増加で晩産化・晩婚化が進んだこと:
仕事をしながら子育てをするには現在十分な環境が整っているとは言えません。 
そのような状況下で晩婚化・晩産化が進み、少子化の原因になっていると言われています。 
日本人の平均初婚年齢は2011年で夫が30.7歳、妻が29.0歳と上昇を続けています。(参考までに1980年には夫が27.8歳、妻が25.2歳でした。) 
出産した時の母親の年齢は2011年では第1子が30.1歳と初めて30歳を超えました。

3 )核家族化で子供の面倒見る人がいなくなったこと:
昔は同じ屋根の下でおじいさん・おばあさんと一緒に住んでいた家庭が多かったのです。
近年は地方から大都市に出て、結婚し核家族になって、おじいさん・おばあさんと離れて暮らす家庭が増えています。 
当然面倒を見る人が少なくなり、3人・4人の子供を育てるのが難しくなっているのです。

4 )保育施設が充足していないこと:
核家族で共働きが普通の現在、子供を預かる保育所が全く足りず、子供特に第2、3子は不可能な状況です。

5 )子育てに対し金銭的負担が大きいこと:
最近のデータで幼稚園から大学までの教育費は、約1,400万円~2,000万円ほど掛かると言われています。 
単純計算で2人ならその倍、3人なんて夢のまた夢になってしまいますね。 
若い世代の所得が伸び悩んでいる現状では、余りにも経済的負担が大きすぎます。

6 )価値観の変化が大きいこと:
昔「子は夫婦の鎹(かすがい)」といわれ、結婚したら子供を持つのはごく当たり前でした。 
今は子供をもうけず、自由や気軽さを望む傾向の強い人も増えてきています。 




欧米先進国、中国・韓国はどうなの?


内閣府の「少子化社会対策白書 2014」資料では、2011年度欧米先進国で唯一合計特殊出生率が2.0を超えている国がフランスで2.01です。 

これは国を挙げての施策(かつての家族手当の支給から保育の充実、出産・子育てと就労に幅広い選択ができる環境整備)が功を奏したと言われています。 

他の先進国は全て2.0を切っています。 イタリア1.42、ドイツ1.36、イギリス1.91、スエーデン1.90、米国1.89となっています。 

一方中国は一人っ子政策もあり1.66、韓国は女性の社会進出に伴う晩婚化、高学歴化、教育費の重圧、人工中絶と諸々の因子で1.24とワースト1です。 

ちなみに日本は1.39でワースト5内に入っています。
合計特殊出生率
・フランス  2.01
・イタリア  1.42
・ドイツ   1.36
・イギリス  1.91 
・スエーデン 1.90
・米国    1.89
・中国    1.66
・韓国    1.24
・日本    1.39



少子化問題の対策は?フランスの成功から学ぶ!!


現在日本は「出生率低下に歯止めがかかった」とは言えるかも知れませんが、政府はこの数値を少しでも引き上げようと国を挙げて諸々の施策を出しています。
 
しかしこれといった国民的合意の取れた対策は出ていません。 

欧州のフランス、スエーデンで出生率の低下を食い止め上昇させた施策を参考に以下3点を提案します。 

その為に国が長期的な財政支援を充実させる必要があると同時に、少子化は日本の将来にかかわる問題なので、国民全体が意識を同じくして取り組まねばならない課題なのです。

フランス・スエーデンから学ぶ

1) 充実した育児休業制度:

2) 就業継続可能な職場の実現:

3) 男社会から真の男女均等社会の実現:



1 充実した育児休業制度:
出産した女性は希望すれば1年半の育児休業を取得でき、その後の就労時間の短縮も可能です。
 
母親・父親を問わず、休業直前の8割の所得を育児休業補償制度で支給し、また児童手当等の家族手当も国の財政支出で裏付けられています。
 
また2年半以内に次の子を産むと、先の子の出産の休業直前の所得の8割が育児休業中に再び保障されるようにします。

2 就業継続可能な職場の実現:
妊娠したら会社を辞めざるを得ないなんてもっての外です。
 
妊娠・出産で休業すれば残りの社員に負担が増えるのも事実ですが、国も含めたインセンティブ策を考えれば良いのです。
 
また子育て中は安心して就業出来る様に、全員入れる保育所と希望者全員に小学生の子供預かり所と年齢に応じた教育・躾の実践をすれば、親は安心して職場を変わらずに仕事に打ち込めます。 

子供は急に発熱し親を心配させますが、子育てを熟知した元気なおばあさんを採用すれば、かなり解消出来ます。

これは元気な老人の雇用にも一役買います。 

3 男社会から真の男女均等社会の実現:
最近“育メン”という言葉が世の中広く普及し、育休を取る男性もボツボツ出てきましたが、まだまだ会社では“異端”の存在のようです。
 
この意識を変えなければなりません。
 
手始めに若い男性の長時間残業を止めさせることです。

先進国で日本の会社員が一番残業をしています。ある面、生活費稼ぎと惰性です。
 
上司は部下の仕事を把握し、仕事の効率が悪い部下はボーナス等で評価し、長時間会社にいないように帰宅させます。
  
そして家族と団らん・食事、更に“一歩進んで家族の為に厨房に立つのもあり”と言うように指導しなければなりません。

                             

スポンサードリンク
LINEで送る

関連記事

077812

喪中の年末年始の過ごし方?やって良い事、ダメなこと。 

もう~い~くつねると~お正月~♪ 年始がすぐそこまで迫ってきましたね。 今年はどんな年だ

記事を読む

dog-154807__180

犬の夏バテの症状は?犬はとっても暑さが苦手!!

うちでは、パピヨンとスキッパーキのミックス犬を飼っています。 顔がパピヨン似なので、普通のスキ

記事を読む

037852

ケーキフィルムはこうはずす!?はずし方とマナーとは

クリスマスシーズン到来! もうすぐクリスマスシーズンですよね。 毎年この季節

記事を読む

292923

2016年の干支は申年(サル)!十二支の意味と由来は?十干とは?

今年も残りわずかになりました。 今年は年賀状の羊が話題になったのを覚えていますでしょうか?

記事を読む

264824

初キャンプ!寝袋の選び方を伝授。これで子どもたちも大喜び!

一度はしてみたいファミリーキャンプ!! キャンプといえばテントですよね~。そして、寝袋。

記事を読む

無題

名字と姓の違いは?調べてびっくり!すごい歴史が有った!

職場で事務手続きをしているときです。 同僚が「このお客様、結婚して名字が変わったんだ~。旧姓が

記事を読む

2015-05-07 16.35.13

iPhoneフリック入力の小技。知らないと損ですよ!!

iPhoneのフリック入力って時々手間取ることが有ります。 そんな時にチョット使える小技を紹介しま

記事を読む

coffee-432491__180

なぜ??コーヒーで頭痛が悪化する人!! × 治る人!!

ぼくは、かなりコーヒーを飲むほうで、一日に10杯くらいは普通に飲んでいます。 なので、コーヒー

記事を読む

128466

ゴキブリは飛ぶ?飛ばない?本当はどうなのか!動画もあり!

ゴキブリ大嫌い  僕はどうしてもゴキブリだけは苦手です。  嫌いと言うよりも「怖い」。 カ

記事を読む

no image

発達障害って何?種類も色々。大人と子供で違うの?診断は?

最近耳にすることが増えてきた発達障害という言葉。 皆さんはこの発達障害というものをご存知でしょ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

女の子ワンピースイラスト
ポケモンGOやイングレスでダイエット出来るらしい?【プチ断食実践記#6#7#8】

プチ断食 6週目、7週目、8週目です。 毎日計測している体重の変

IMG_5052
プチ断食は効果なし?ひと月実践した感想と次の作戦【実践記#5】

5週目です。 何事もなかなか、簡単にはうまくいかないものです。

282402
美肌効果有り!プチ断食はデトックスダイエット。【実践記#4】

4週目です。 成果は今のところ微妙です~。 プチ断食はデトック

317794
初めて、お腹が鳴る!空腹は若さを保つ秘訣らしい?【プチ断食実践記#3】

今日が3回目。大分慣れてきました。 でも、今のところ成果らしい成

398215
プチ断食でダイエット。ほんとに効果ある?逆に太ったけど・・・。【実践記#2】

最後の手段と思って始めたプチ断食。 今日が2回めです~。

→もっと見る

PAGE TOP ↑